Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

日曜回顧

 【阪神4R】
 
 ◎プリンセスエリー
 ○ディープハント
 
  単勝◎ 3千円  4760円的中!
馬連◎○ 5千円  5320円的中!
馬単◎○ 2千円 15010円的中!
 
 投資金   1万円
 払戻金  70万円
 回収率  7000%
 
 
 久々に会心のパドック情報でした。
 ディープハント以外の人気馬が、今一つ信頼の置けない面々。人気薄で何か面白い馬がいないかとパドックを眺めていると、目に留まったのがプリンセスエリー。
 パドックを見ると、いかにも阪神ダ1400ベストの馬体。しかも、今のやや力の要るダートも合いそう。加えて先行力もありそうと、これだけ人気薄なら、イチかバチかで購入する価値があるだろうと、パドック会員様のみに急遽購入指示を出したレース。見事にハマりました。

 今一つ調子の悪い今年の馬券。これまでパドック会員様にもなかなか有益な情報をお届け出来ずにきておりましたから、このHITは本当に嬉しいものでした。自分の馬券が的中したことより何より、会員の皆様に喜んでいただけたのが何より嬉しかったですね。今後とも、少しでも有益な情報をお届け出来るよう、不調なりに出来ることを精一杯行っていきたいと思います。
 
 
 【桜花賞】
 
 ◎オウケンサクラ
 
 単勝◎ 1万円
 複勝◎ 1万円  310円的中!
 
 投資金    2万円
 払戻金 3万1千円
 回収率   155%
 
 阪神芝マイルへの適性・状態面に不安のあったアプリコットフィズ、牝馬限定GIとはいえ、阪神JFに続いてGI連覇するほどの器とは思えなかったアパパネ、安定感はあるもののGIクラスになるとワンパンチ不足のアニメイトバイオなど、人気馬にそれぞれ嫌な要素があった桜花賞。オッズの割れ方からしても、単勝こそが最も妙味のある馬券と判断し、絶好枠を引いたオウケンサクラの単勝にかなり期待しましたが・・・惜しくも2着。
 「随分付くなあ」と、複勝に妙味を感じていたのも確かですが、それでもやはり、このレースの妙味は単勝という判断。「複勝一本にしておけば・・・」というのは結果論でしかありませんよね。それは、1440円と、1番人気3番人気にしては随分付いた馬連にしても同様。アパパネ自体全く買う気がなかった、逆に言えばだからこそ購入に踏み切ったレースだけに、アパパネに負かされたことは仕方ありません。オウケンサクラの単勝オッズがかなりオイシイものだっただけに悔しいのは確かですが、こういうレースはスッパリ諦め、今後同じような場面に出くわした際、フォームを崩して裏目に出るようなことのないよう、気をつけたいと思います。
スポンサーサイト
category
回顧

土曜回顧

 【湾岸ステークス】
 
 ◎カネトシソレイユ
 △アサティスボーイ
 △マイネルシュトルム
 
  単勝◎   8千円  460円的中!
馬単◎△ 各1千円 2440円的中!

 投資金    1万円
 払戻金 6万1千円
 回収率   610%

 アグネススターチ、スリーオリオン、アサティスボーイ、マイネルシュトルムと、カネトシソレイユ以外の人気馬に詰めの甘い馬が揃ったレース。充実一途のカネトシソレイユから入るにはもってこいでしたね!
 
 自信を持って相手を絞りきることが難しかったため、馬券は単勝を厚めに、馬単は遊び程度の購入。完調手前のアグネススターチ、中山芝2200適性の低いスリーオリオンを切り、アサティスボーイとマイネルシュトルムを購入。こちらも上手いこと引っかかってくれました。
 とはいえそちらはあくまでオマケ。こういうレースでキッチリ単勝を仕留められるかどうかが、年間収支でプラスを出せるかどうかに大きく関わってきます。そのことは、長いことお付き合いいただいている会員様でしたら充分に理解していることでしょう。
 配当的には確かに、馬単の的中がなければ大したものではなかったレースです。しかし、そういう意味では、この馬の単勝をキッチリ買えた時点で、合格点を与えてよいレースでしょうね。
category
回顧

日曜回顧

 まずはトゥザグローリーについて一言触れておきましょうか。

 シャガール以上に、このメンバーでは勝つ可能性も充分あるとの判断から予想の提供は行いませんでしたが、シャガール同様、新馬戦時から変わっておりません。4角でのアノ反応の鈍さが、現状のこの馬のエンジンの掛かりの遅さ、もっと言えば、人気ほどの能力を有していないことを証明しています。
 この勝ちっぷりでは次走断然人気になることはないでしょうが、血統的な期待感からある程度の人気を集めることは間違いなし。どこに出走してくるか分かりませんが、ダービートライアルレベルであれば消し、他馬から配当妙味のある馬券を組んでこそでしょう。


 【ダービー卿CT】

 ◎マイネルファルケ
 ○フィフスペトル
 
   単勝◎ 2千円  
   複勝◎ 5千円 200円 的中!
 馬単◎○ 1千円 
ワイド◎○  2千円

投資金  1万円
払戻金  1万円
回収率  100%


 単勝2着、ワイド2-4着と、またもや調子が今一つな今年を象徴している馬券になってしまいました。

 ショウワモダンは私にはちょっと買えません。
 中山記念で本命を打ったとはいえ、あの時は他馬との道悪適性の大きな差を突いてのもの。しかもその時でさえ複勝をメイン馬券に据えたよう、基本的に重賞では足りないだろうという評価をしている馬。ここでの買いは頭にありませんでした。
 
 ただ、結果論となりますが、もう少し充分に検討する必要がありましたね。レース後、しきりに反省致しました。
 予想時に記載したよう、トライアンフマーチとファリダットという人気の2頭が、中山芝マイル適性に疑問符がつく。対抗を打ったフィフスペトルにしても、どちらかといえば、積極的対抗ではなく、他馬との比較からの消極的な対抗。
 であるなら、予想時にも軽く触れたよう、押さえの馬券は、ワイドではなく、他馬との組み合わせの何かを考慮すべきでした。検討したとしても最終的に買えていたかは分かりませんが、安易にワイドに決め打ったことが、ショウワモダンを購入する僅かな可能性をも消してしまいました。
 外の番手からの競馬は保証されている、人気馬が差し馬だけに後ろ掛かりのレースになるだろうことを考慮すれば、もしかしたら拾えてい・・・ないでしょうね。レースが終わってから考えても、ここでショウワモダンがマイネルファルケを負かせるとは事前に予測するのは私には難しいですし、であれば、この組み合わせでの28倍は買えないでしょう。安易にフィフスペトルのワイドを購入したことは充分に反省する必要がありますが、基本的には本命マイネルファルケ、しかも複勝である程度ペイ出来るという前提からの購入という見解に及第点を与えて良いレースとの判断になります。

 さて、そのフィフスペトルですが、今回のレースである程度今後が見えてきましたね。溜めれば一瞬だけ良い脚を使うが、前へいったらダラっと傾れ込むしか出来ない馬との判断で良さそうです。
 という訳で狙いは小回りコースで差しに回る時、なのですが、スプリント戦はさすがにちょっと忙しそう。かといって中山芝1600ではちょっと足りなさそう。東京や京都では切れ負けする。当面買える場所はないですね。人気なら切って妙味でしょう。買うなら人気が落ちた際の新潟芝1400、阪神芝1400でしょうか。阪急杯が混戦になってどうか、となるでしょうかね。

 その他の馬の査定で、これまでと大幅に変更する点は無し。ただ、マイネルファルケはそろそろ調子落ちを懸念する必要はありそうです。パドックを見た瞬間、購入を一瞬躊躇したくなるような印象を受けました。


 【中山7R】
 
 ◎ネオレボリューション
 ○ボンバルディエーレ
 ▲カーネリアンシチー
 △マイネルビスタ
 
 3連単フォーメーション
 ◎→○▲→○▲△
 各2500円×4点 2590円 的中!
 
 投資金     1万円
 払戻金  6万5千円
 回収率    650%

 有料会員様から
 
 「ネオレボリューション頭固定の買い目指示が出るなんて驚いたよ」
 
 とのコメントを数多くいただいたレース。
 回収率的にはさほどではありませんが、会心度はなかなかのレースでした。

 これまでネオレボリューションの出走するレースは、同馬の2着付け予想を数々提供してきました。しかし、既報の通り、徐々にとはいえ、馬がパンとしてきている現状。メンバー次第ではありますが、現在の適性的に、「中山のダ1800なら」という前提付きで、頭固定提供するつもりでいたのです。
 
 この手の馬は基本的に終始2・3着固定で買い続け、勝たれたら諦めるというスタンスは変わっておりません。しかし、だからこそ、勝つレースをピンポイントで仕留められた喜びも大きいものです。
 
 「2着になるレースは2着固定、1着になるレースは1着固定」
 
 それが出来るのであれば、予想の精度が更に上がりますからね。これまでの自分から更に一歩上の自分へ。そんな未来図が少し見えた、収穫の多い一戦となりました。
category
回顧

土曜回顧

 シャガール、案の定でしたね。
 
 この頭数で好走の余地を感じたこと、予想時に記載したようトウカイメロディに全幅の信頼を置けなかったことからレース購入を見送りましたが、少額押さえてよかったレースかもしれません。と、今更何を言っても結果論になってしまうのですけどね。
 
 同馬は今後もしばらく凡走の危険性をかなり孕んだ人気馬となるでしょう。パドック、レース振り、やはり何も変わってきておりません。前走の未勝利勝ちで、世間は、新馬戦はたまたま凡走しただけ、休養を挟んでのいきなりの快勝でここからが本領発揮と判断したのでしょうが、既報の通り、私の判断は、未勝利勝ちこそがハマってのもの、新馬戦や今回の凡走がこの馬の本質を表していると思っておりますし、その判断には自信があります。そもそもの能力や素質が決して高くない馬ですので、人気しているうちは、よほどのことがない限り消しの評価で、他馬から配当妙味のある馬券組みを展開することが長期的な利益に繋がるでしょう。


 【安房特別】

 ◎フェニコーン
 ○トーセンゴライアス
 △トウショウデザート
 
  単勝◎ 7千円  370円 的中!
馬単◎○ 2千円 1730円 的中!
馬単◎△ 1千円

投資金  1万円
払戻金  6万円
回収率  600%


 もう少し前で競馬してくれると思っていただけに道中ヒヤっとしたものですが、終わってみれば順当勝ち。厚く買った単勝が的中してくれただけでまずはOKなのですが、馬単も的中で快勝となりました。
 
 フェニコーンの買い材料は予想時に記載した通り。相手本線のトーセンゴライアスも、芝中長距離での安定感を考えれば普通に買えますよね。特に捻った見解をする必要のないレースでしたので、非常に素直な予想となりました。

 という訳で特に強調して書く事のないレースなのですが、今後もトーセンゴライアスはあくまで対抗の一角という評価で良いだろうということだけお伝えしておきます。
 安定感はあるものの、詰めの甘い面を持っている同馬。勝ち切るには何かに恵まれる必要があるでしょう。人気薄ならともかく、人気であるなら、頭からは外してこそ妙味。人気の一角を頭から消せれば、それだけで他馬からの単式馬券の購入に的中の現実味が帯びますからね。
 
 3着のミッキーミラクルにしても同様。こちらはそもそも、3着に好走したとはいえ、この距離は微妙に長い。買うなら芝2000ですが、ややワンペースな面が露呈してきましたので、トーセンゴライアス以上に、よほど何かの助けがないと頭は厳しいタイプの馬でしょう。ある程度の安定感はあるトーセンゴライアスとは異なり、少しリズムが乱れればアッサリ崩れることまである馬ですので、人気である内は、基本的には消して妙味の馬だと思います。
category
回顧

日曜回顧

【中京6R】
◎フィールドチャペル
○クレムリンエッグ
▲スマートマグナム

 馬連◎○  3千円 
ワイド◎○   3千円
3連単◎▲○ 2千円
3連単▲◎○ 2千円

投資金  1万円
払戻金    0円
回収率    0%

 フィールドチャペルとスマートマグナムがこの条件で相当に信頼度が高いのは誰でも分かること。2頭の組み合わせでは当然オッズも付かないこのレースを購入しようと思ったのはクレムリンエッグの存在。マジマジとパドックを見たのは初めてだったが、先行争いが激しくなりそうなこのレースでいかにも差し込んで来そうな身体をしていた。他にピンと来る馬もおらず、人気も無いことから狙うことにした。
 結果は惜しくもハナ差の4着。馬券も当然不的中。◎2着○3着▲4着という結果だけに、トップオブボストンの激走が本当に恨めしかった。
 しかし、そのトップオブボストンに徹底マークをされたにも関わらず最後まで粘ったスマートマグナムの粘りは注目に値する。調子が良いのは馬体を見ても明らか。次走以降、1200でフィールドチャペルとぶつかるようであれば、オッズ的にもこちらを上位に取るのが賢明な選択かもしれない。

 
【高松宮記念】
◎トウショウカレッジ
○エイシンタイガー

 完敗。
 G1ということで多数のリクエストに応える形での予想となったが、無料とはいえ、やはり、全く自信のないレースを提供してはいけないなと、改めて教訓になった。ご迷惑をお掛けした皆様、申し訳ございませんでした。
 個人的に、この組み合わせの馬券はどうやっても買えないし、この馬券を獲れなくても全く悔しくない。リスクがあると判断している人気馬を積極的に買う価値は投資的に全くないし、今更、馬券の的中不的中に一喜一憂する気もない。その教訓を改めて得たこと以外、何の感慨も残らない高松宮記念となった。
 

【日経賞】
◎トリビュートソング
○マイネルキッツ

  複勝◎  4千円
ワイド◎○  6千円

投資金  1万円
払戻金    0円
回収率    0%

 内々をロスなく運ぶことを狙っていたトリビュートソングのあのレース振りは痛かった。エアシェイディを除く上位馬が内を回ってきた馬で占めたレースだっただけに、3角から大外を回る競馬で上位に来るには1枚以上の能力を求められる。現状、この馬にそこまでの能力はさすがにない。この結果も致し方ないだろう。
 しかし、それでも4角からの脚には見所充分。今の充実度は示したし、それなりの評価を与えてよいだろう。
 ただ、あのような位置取り、レース振りになる直接の原因である、スタート後の行き脚の悪さは気になる。今後も目立つようであれば、その事を充分に考慮した上での取捨が必要になってくるだろう。
category
回顧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。