スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

土曜回顧

 シャガール、案の定でしたね。
 
 この頭数で好走の余地を感じたこと、予想時に記載したようトウカイメロディに全幅の信頼を置けなかったことからレース購入を見送りましたが、少額押さえてよかったレースかもしれません。と、今更何を言っても結果論になってしまうのですけどね。
 
 同馬は今後もしばらく凡走の危険性をかなり孕んだ人気馬となるでしょう。パドック、レース振り、やはり何も変わってきておりません。前走の未勝利勝ちで、世間は、新馬戦はたまたま凡走しただけ、休養を挟んでのいきなりの快勝でここからが本領発揮と判断したのでしょうが、既報の通り、私の判断は、未勝利勝ちこそがハマってのもの、新馬戦や今回の凡走がこの馬の本質を表していると思っておりますし、その判断には自信があります。そもそもの能力や素質が決して高くない馬ですので、人気しているうちは、よほどのことがない限り消しの評価で、他馬から配当妙味のある馬券組みを展開することが長期的な利益に繋がるでしょう。


 【安房特別】

 ◎フェニコーン
 ○トーセンゴライアス
 △トウショウデザート
 
  単勝◎ 7千円  370円 的中!
馬単◎○ 2千円 1730円 的中!
馬単◎△ 1千円

投資金  1万円
払戻金  6万円
回収率  600%


 もう少し前で競馬してくれると思っていただけに道中ヒヤっとしたものですが、終わってみれば順当勝ち。厚く買った単勝が的中してくれただけでまずはOKなのですが、馬単も的中で快勝となりました。
 
 フェニコーンの買い材料は予想時に記載した通り。相手本線のトーセンゴライアスも、芝中長距離での安定感を考えれば普通に買えますよね。特に捻った見解をする必要のないレースでしたので、非常に素直な予想となりました。

 という訳で特に強調して書く事のないレースなのですが、今後もトーセンゴライアスはあくまで対抗の一角という評価で良いだろうということだけお伝えしておきます。
 安定感はあるものの、詰めの甘い面を持っている同馬。勝ち切るには何かに恵まれる必要があるでしょう。人気薄ならともかく、人気であるなら、頭からは外してこそ妙味。人気の一角を頭から消せれば、それだけで他馬からの単式馬券の購入に的中の現実味が帯びますからね。
 
 3着のミッキーミラクルにしても同様。こちらはそもそも、3着に好走したとはいえ、この距離は微妙に長い。買うなら芝2000ですが、ややワンペースな面が露呈してきましたので、トーセンゴライアス以上に、よほど何かの助けがないと頭は厳しいタイプの馬でしょう。ある程度の安定感はあるトーセンゴライアスとは異なり、少しリズムが乱れればアッサリ崩れることまである馬ですので、人気である内は、基本的には消して妙味の馬だと思います。
category
回顧
genre
ギャンブル
theme
レース回顧
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。