スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

東風ステークス回顧

今の中山芝コースはとにかく内を通った馬が有利。加えて、それなりのパワーが要るという特殊バイアス。ここまで明確な傾向が出ているのであれば、狙わない手はない。近年、過去ほどに強烈なバイアスが出現することは稀なだけに、バイアス重視派としては、こういった時こそが稼ぎ時だ。

さて、そこで先週狙ったレースの1つが東風ステークス。

ご存知ショウワモダンは力の要る中山芝マイルは絶好の舞台。今の中山の馬場が相当に合っているのは、秀逸なレース内容だった前走の中山記念を見ての通り。芝1800の中山記念から、ベストのマイル戦に戻るココで狙わない手はない。
加えて、冒頭に書いた通り、内々を進むには絶好の枠。ゴスホークケンとマイネルファルケがいるここはある程度縦長の展開が予測され、インのポケットを気分良く進めることが推測出来た。

正直、これだけ条件が整っているにも関わらず、何故に単勝5番人気という低評価なのか理解に苦しむ。実績上位のマイネルファルケ、フィフスペトル、勢いのあるデリキットピースに人気を譲るのは理解出来るが、OPでは明らかに格落ちのマルタカエンペラーに人気を譲るとは、世間の目はどこを向いているのだろう。デリキットピースと人気を分け合う程度のポジションが正当な評価だと思うのだが。
ま、そういう世間のおかげで少しでも好配当になるのであれば、逆に感謝しなくてはいけないのだけれども。

ちなみに、対抗はマイネルファルケとフィフスペトルで迷ったが、最終的にフィフスペトルを選択。当初このレースはマイネルファルケから入る予定であったが、ゴスホークケンの存在と斤量がどうしても気になった。フィフスペトルもこの枠が気になったことは気になったが、中山芝マイルはベストの舞台。加えて、パドックでの相対比較で、このメンバーでは能力が一歩上と判断したため、対抗に抜擢。
結果的にどちらを選んでも複勝とワイドの的中になった訳だが、この判断は悪くなかったように思う。マイネルファルケの道中の運びを見た際、「マイネルファルケを選ばないでよかった」と思っただけに。
決して楽ではないあのレース展開だったのだから、出来ればショウワモダンに競り負けて欲しかったのだが、最後に地力の差が出たのかな。ショウワモダン-フィフスペトルの馬連は22倍と、美味しい配当だったから是非獲りたかったけども。

日曜中山10R 東風ステークス

◎ショウワモダン
○フィフスペトル

  ◎複勝8000円 260円的中!
 ◎○馬連6000円
◎○ワイド6000円 770円的中!

投資金 2万円
払戻金 6万7千円
回収率 335%
category
回顧
genre
ギャンブル
theme
レース回顧
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。