スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

日曜回顧

 まずはトゥザグローリーについて一言触れておきましょうか。

 シャガール以上に、このメンバーでは勝つ可能性も充分あるとの判断から予想の提供は行いませんでしたが、シャガール同様、新馬戦時から変わっておりません。4角でのアノ反応の鈍さが、現状のこの馬のエンジンの掛かりの遅さ、もっと言えば、人気ほどの能力を有していないことを証明しています。
 この勝ちっぷりでは次走断然人気になることはないでしょうが、血統的な期待感からある程度の人気を集めることは間違いなし。どこに出走してくるか分かりませんが、ダービートライアルレベルであれば消し、他馬から配当妙味のある馬券を組んでこそでしょう。


 【ダービー卿CT】

 ◎マイネルファルケ
 ○フィフスペトル
 
   単勝◎ 2千円  
   複勝◎ 5千円 200円 的中!
 馬単◎○ 1千円 
ワイド◎○  2千円

投資金  1万円
払戻金  1万円
回収率  100%


 単勝2着、ワイド2-4着と、またもや調子が今一つな今年を象徴している馬券になってしまいました。

 ショウワモダンは私にはちょっと買えません。
 中山記念で本命を打ったとはいえ、あの時は他馬との道悪適性の大きな差を突いてのもの。しかもその時でさえ複勝をメイン馬券に据えたよう、基本的に重賞では足りないだろうという評価をしている馬。ここでの買いは頭にありませんでした。
 
 ただ、結果論となりますが、もう少し充分に検討する必要がありましたね。レース後、しきりに反省致しました。
 予想時に記載したよう、トライアンフマーチとファリダットという人気の2頭が、中山芝マイル適性に疑問符がつく。対抗を打ったフィフスペトルにしても、どちらかといえば、積極的対抗ではなく、他馬との比較からの消極的な対抗。
 であるなら、予想時にも軽く触れたよう、押さえの馬券は、ワイドではなく、他馬との組み合わせの何かを考慮すべきでした。検討したとしても最終的に買えていたかは分かりませんが、安易にワイドに決め打ったことが、ショウワモダンを購入する僅かな可能性をも消してしまいました。
 外の番手からの競馬は保証されている、人気馬が差し馬だけに後ろ掛かりのレースになるだろうことを考慮すれば、もしかしたら拾えてい・・・ないでしょうね。レースが終わってから考えても、ここでショウワモダンがマイネルファルケを負かせるとは事前に予測するのは私には難しいですし、であれば、この組み合わせでの28倍は買えないでしょう。安易にフィフスペトルのワイドを購入したことは充分に反省する必要がありますが、基本的には本命マイネルファルケ、しかも複勝である程度ペイ出来るという前提からの購入という見解に及第点を与えて良いレースとの判断になります。

 さて、そのフィフスペトルですが、今回のレースである程度今後が見えてきましたね。溜めれば一瞬だけ良い脚を使うが、前へいったらダラっと傾れ込むしか出来ない馬との判断で良さそうです。
 という訳で狙いは小回りコースで差しに回る時、なのですが、スプリント戦はさすがにちょっと忙しそう。かといって中山芝1600ではちょっと足りなさそう。東京や京都では切れ負けする。当面買える場所はないですね。人気なら切って妙味でしょう。買うなら人気が落ちた際の新潟芝1400、阪神芝1400でしょうか。阪急杯が混戦になってどうか、となるでしょうかね。

 その他の馬の査定で、これまでと大幅に変更する点は無し。ただ、マイネルファルケはそろそろ調子落ちを懸念する必要はありそうです。パドックを見た瞬間、購入を一瞬躊躇したくなるような印象を受けました。


 【中山7R】
 
 ◎ネオレボリューション
 ○ボンバルディエーレ
 ▲カーネリアンシチー
 △マイネルビスタ
 
 3連単フォーメーション
 ◎→○▲→○▲△
 各2500円×4点 2590円 的中!
 
 投資金     1万円
 払戻金  6万5千円
 回収率    650%

 有料会員様から
 
 「ネオレボリューション頭固定の買い目指示が出るなんて驚いたよ」
 
 とのコメントを数多くいただいたレース。
 回収率的にはさほどではありませんが、会心度はなかなかのレースでした。

 これまでネオレボリューションの出走するレースは、同馬の2着付け予想を数々提供してきました。しかし、既報の通り、徐々にとはいえ、馬がパンとしてきている現状。メンバー次第ではありますが、現在の適性的に、「中山のダ1800なら」という前提付きで、頭固定提供するつもりでいたのです。
 
 この手の馬は基本的に終始2・3着固定で買い続け、勝たれたら諦めるというスタンスは変わっておりません。しかし、だからこそ、勝つレースをピンポイントで仕留められた喜びも大きいものです。
 
 「2着になるレースは2着固定、1着になるレースは1着固定」
 
 それが出来るのであれば、予想の精度が更に上がりますからね。これまでの自分から更に一歩上の自分へ。そんな未来図が少し見えた、収穫の多い一戦となりました。
category
回顧
genre
ギャンブル
theme
レース回顧
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。