スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

スプリングS回顧

 【スプリングS】
 ◎アリゼオ    
 ○ローズキングダム

 ◎単勝1万5千円 600円的中!
◎○馬単  5千円

 投資金  2万円
 払戻金  9万円
 回収率 450%

 まずは、平日の記事を読まれてアリゼオを無印にしてしまった方、申し訳ございません。そして、日曜の朝、アリゼオを消しきれなくなったと書いたとはいえ、まさかの本命を推したことにより不愉快になってしまった方、申し訳ありません。
 自己紹介を読んでいただければお分かりいただけるよう、私は予想の際、パドックを最も重視しております。よくある質問の欄でも、有料提供している朝一買い目を直前で変えることがあると記載させていただいているよう、直前で予想が大きく変わることもあります。勿論、こういう事を頻繁に起こす訳ではありませんし、朝一買い目を提供しているレースでは、そういった会員様の手前、よほどのことがない限り、今回ほどの大幅変更は行いません。しかし、今回は有料予想を提供していないこともあり、誠に勝手ながらそのような対応を採らせていただきました。

 さて、このような対応を採りたくなった直接の要因となった2頭、ローズキングダムとアリゼオ。

 平日から終始本命予定と書いていたローズキングダムだが、パドックを見て正直ガッカリした。当初の無印予定からパドックで急遽本命推奨した朝日杯FSとは、比較にならない状態。悪くて当時と同等、この休養期間でどれだけ成長しているかが焦点の馬だっただけに、それを感じられなかったことは期待外れ以外の何物でもない。
 それ故に今回の3着という結果は字面通りの評価として受け取っていいだろう。皐月賞までに上積みはあるかも知れないが、元々マイラー色強いと評価していた馬。成長してくれば、という前提付きで皐月賞での本命候補としていたが、これでは距離が伸びる皐月賞では評価を大きく下げるのがベターだろう。
 
 無印から急遽本命までに昇格したアリゼオ。この枠を引いたことで、好位置のイン、直線早々抜け出す競馬が可能となったことにより、当日朝、消しきれなくなったと書いたが、まさか逃げの手に出るとは思わなかった。近年の代表例の一つでは、カンパニーで数々の狙い済ました騎乗をしてきた横山典騎手だからこそ為せた業だろう。あのスタートで逃げに出たということは、打倒ローズキングダムに向け、当初から決め打っていた戦法だったのだろう。
 さて、しかしそれを予測していなかった私にとって本命を打つに至った最大の要因はパドック。過去3戦、パドックであまり目を惹かなかった同馬が、今回、いきなり目に飛び込んできた。期待を裏切られたローズキングダムの後だったから余計にそう感じたかも知れないが、逃げまでは予測出来なくても、少なくとも、これまでにない軽快な先行力、追ってからの味を予感させただけの出来。この状態なら、中山芝1800へ相当強い適性も示すだろうと、これまでのアリゼオ像を全て白紙に戻し、単式馬券に投入した。基本的に1レース5千円~1万円程度しか投資しない私が2万円を投資したことも、その自信度を表す1つの証明だろう。

 払戻的にはさほどでもないが、ずっと本命ローズキングダム、無印アリゼオで展開しながら、最後の最後で、アリゼオ本命に切り替えられた今回の対応には、珍しく結構満足している。ここ1ヶ月の重賞では一番思い出深いものとなりそうだ。

 ※最後、ローズキングダムがゲシュタルトを捕らえきれず、馬単の的中とならなかったのは、そこまで上手くいってはこのブログの読者にクレームをいただくことになりそうだから、だったのかも知れません(笑)。
category
展望
genre
ギャンブル
theme
レース回顧
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。